税控除

インディアナ州は、手頃な資金でスムーズにビジネスを行えるように、さまざまな税控除プログラムを提供しています。ここに拠点を置く企業が受けることができる税控除の額の決定には、平均賃金、設備投資額、企業が提供した雇用数が考慮されます。以下の3つのプログラムは、インディアナ州に投資する米国外の企業が利用する主要プログラムです:

経済成長の経済開発 (EDGE):

EDGEは、雇用に基づいた州の法人所得税控除です。控除は、企業の新規雇用に伴い発生する増加人数を元に源泉徴収納税率を計算し算出されます。控除は雇用に基づいている為、実際に提供された雇用の割合に比例して企業に支払われます。この控除は企業に州の所得税の債務があるかどうかにかかわらず請求する事ができます。つまり、利益がない企業にも年末にこの控除が支払われます。これはスタートアップの段階にある企業にとっては非常に有益なプログラムと言えます。

技術向上基金 (SEF):

SEFは企業のニーズを満たすインディアナ州の労働力の調整に役立つように設置されています。助成金はプロジェクトの開始から丸2年の間、適正研修費用の一部(通常50%)を払い戻します。以下は適正経費から除外されます:

インディアナ州事業投資税控除 (HBI)

HBIは、プロジェクトの維持に必要な適正資本投資の割合として計算される州の法人所得税控除です。適正資本投資にはプロジェクトに関連する新しい機械や建築費を含みます。この控除を請求するには、企業は州の法人所得税の義務を負わなければなりません。

上記3つの主要プログラムに加えて、インディアナ州には以下の付加的なインセンティブプログラムがあります。

本社移転税控除 (HRTC)

HRTCはインディアナ州に本社を移転する企業の州税を控除します。控除は移転費用の半分とし、企業の州税義務に対して査定されます。

産業復興税控除

産業復興税控除は、大きな復旧や改造費用を必要とする施設に、投資する企業にインセンティブを提供しています。控除額は修復施設の経年数によって異なります。適正施設は最低15年以上の運営経歴があり、2015年1月1日より、施設は少なくとも9290平方メートルの内部スペースがあり、また申請書提出の段階で、その内の75%以上が使用されていないものに限られます。

Subscribe to our mailing list

* indicates required
Email Format