インディアナ州知事からのメッセージ

1980年代を振り返ってみると、日本とインディアナ州は友情の絆を築き始めたばかりでした。30年以上前、日本で初めてのインディアナ州への大規模な投資から始まり、我々は投資や貿易、文化交流など、共通プライオリティの提携を通して友情を育んできました。長年にわたり、インディアナでの投資を選択した260社を上回る日本企業と共に、我々の経済は発展してまいりました。今日、スバル、トヨタ、ホンダのような企業のインディアナ主要施設は、自動車業界という枠を超えて、長いサプライチェーンと共に活気に満ち溢れ、著しく成長しています。

3世紀目を迎えるインディアナ州の州知事として最も重要な義務の一つは、インディアナと日本の絆を深められるよう支援し、我々の共有関係を育むことです。インディアナ州はこの記念すべき節目を迎え、トップクラスのビジネス環境としてだけでなく、公正さや勤勉さ、謙虚さ、寛大の精神という面においても世界的に知られるまでに成長した我々の州に招待ができることを大変光栄に思っております。ここインディアナ州では、我々の創意工夫や世界を向上させたいという情熱が動力となっています。

その情熱と創意工夫が、我々をアメリカで最も製造業での雇用が集中する州へと導きました。インディアナ州の労働人口のうち、5人に1人が製造業に従事しており、我々の州に投資している日本企業のうち、98%が製造業に特化しています。先進製造業において国内第1位でありながら、物価とビジネスコストが低いので、農業や航空宇宙産業、技術やライフサイエンス産業がここでも繁栄できるように推奨しています。

しかし、インディアナと日本はビジネスという枠を超えて、築きあげた揺るぎない友情に誇りを持っております。インディアナ州と栃木県の姉妹都市関係は、1999年に初めて結ばれ、それ以降インディアナ州の代表団は定期的に日本のこの美しい地方を訪れています。2014年には、インディアナ州で施設をオープンさせる栃木拠点の企業を初めて迎え入れることができ、大変喜ばしい思いでした。

1982年以降、インディアナ州は日本にオフィスを構えていますので、私たちにお力添えできることがありましたら、ご連絡いただければ幸いです。インディアナは、喜んで支援させていただきます。ビジネス成功をサポートし、インディアナでお会いできる機会を楽しみにしております。


エリック・J・ホルコム
インディアナ州知事

Subscribe to our mailing list

* indicates required
Email Format