位置と基幹施設

インディアナ州は米国の中央に位置しているので便がよく、事業計画の観点からも理想的です。

人口
650万人
労働力
320万人
面積

南北の長さ

東西の幅

94,000 km2

日本の4分の1の面積

435キロメートル

横浜 — 京都間の距離

225キロメートル

名古屋 — 神戸間の距離
州総生産
2781億ドル
一人当たりの収入
$35,689

インディアナ州は「アメリカの十字路」とも呼ばれており、他のどの州よりも高速道路が交差しています。「Major Moves」と呼ばれるプログラムの下で、インディアナ州はたくさんの橋プロジェクトや他のインフラ開発とともに、2015年までに644 kmを高速道路に追加する交通機関改善計画に10年間で100億ドルを投資しています。インディアナ州に交差する14の州間高速道路により製品が効率的に目的地に到達する事ができます。

「アメリカの十字路」は州間の交通機関の便利性だけでなく企業は以下の利点も受けられます。

69の空港

2013年に国際空港評議会は、インディアナポリス国際空港を北米のベスト空港に選びました。

インディアナポリス国際空港は全米で6番目に 大きい貨物空港で、2番目 に大きいFedExの集荷拠点です。

42の貨物鉄道

インディアナ州は総貨物鉄道数で米国第3位にランクされています。

3つの港

州の北には五大湖が、東南部にはオハイオ・ミシシッピー河川システムがあるため、インディアナ州は水上輸送が全米第6位です。

全米でただ1つの全州港湾システムあるインディアナ州には国際的な連絡路を提供しています。

セントローレンス航路とメキシコ湾経由で国際航路へアクセスできます。

「精密な経済ーインディアナ州」に関するPDFをダウンロードしてご覧ください。
精密な経済ーインディアナ州」に関するPDFをダウンロードしてご覧ください。

Subscribe to our mailing list

* indicates required
Email Format