州の財政政策

財政規律がビジネスフレンドリーな環境を整えています。インディアナ州の州法には均衡予算の必要条件があります。州は困窮時用資金の均衡予算で、2007年、2008年、2009年の最も困難な危機を乗り越えました。インディアナ州の財政規律は、3つの信用格付機関すべてから最良のトリプルA債券格付けをされた11の州の中の一つに認定されました。この規律を維持しながら、州はこの8年間にビジネス環境を改善するための措置を講じています。

これらの改善には以下の内容が含まれます。

—— R&D税控除 (研究開発費税控除) の引き上げ

インディアナ州は全米でもR&D税控除率が高く、企業の適正研究開発費当初投資額100万ドルにつき15%の税控除が適応されます。(2005年)

—— Major Moves

インディアナ州は400以上の道路や橋の建設や改築を含むインフラ整備計画に、破格の100億ドルを投資した全米でただ1つの州です。(2006年)

—— シングルセールスファクター法人税

インディアナ州の企業は、インディアナ州内の売上高の一部にのみ州の法人税を支払います。(2006年)

—— 固定資産税の軽減

固定資産税を3分の1減らし、州法で固定資産税の上限を確立しました。(2008年)

—— IT機器固定資産税の免除

自治体は企業の情報技術機器の固定資産税を永久に免除する権限を持っています。(2009年)

—— 法人所得税率削減

インディアナ州の法人所得税率を4年間で8.5%から6.5%に引き下げます。(2011年)

—— ベンチャーキャピタル税控除の上限引き上げ

ベンチャーキャピタル投資税控除が可能な所得税控除の最高額を50万ドルから100万ドルに引き上げました。(2005年と2011年)

—— 減税

個人所得税率を下げて(3.4%から3.23%)にし、州の相続税を廃止しました。(2013年)

—— Right-To-Work

インディアナ州は「Right-To-Work」という法案を制定した全米第23番目の州となりました。(2012年) Right to Work 法と呼ばれる州法では、従業員に対して労働組合への加入を強制したり、給料から費を引き出すことが禁じられます。

Subscribe to our mailing list

* indicates required
Email Format